第二順位の相続の仕方は


次に第二順位というのは、第一順位の相続人(子)がいなくて、その代襲相続人(孫やひ孫)もいない場合にあらわれてくる相続人で、被相続人の父母がこれにあたります。この場合も妻がいれば、妻も必ず相続人になります。そして、子といっしょに相続人となる場合の妻の法定相続分は二分の一でしたが、両親といっしょに相続するときには、妻の法定相続分は三分の二となっています。そして、残りの三分の一を父母で均等に分けるようになっています。そして、被相続人の父か母がいる限り、被相続人の兄弟姉妹は相続人になりません。これを表したのが「(F)妻と両親」です。

外人四人

『第三順位の相続の仕方は』
第一順位の相続人(子)やその代襲相続人(孫やひ孫)もなく、第二順位の相続人(父母)もいない場合には、被相続人の兄弟姉妹が第三順位の相続人としてあらわれてきます。この場合の妻の法定相続分は、四分の三となり、残りの四分の一を兄弟姉妹で均等に分けるようになっています。これを表したのが、「(G)妻と兄弟姉妹」です。これを通じて共通しているのは、妻(もちろん、妻が被相続人の場合には夫になります)がいる場合は、妻は必ず相続人になります。しかし、いずれの場合にも、被相続人の子・父母・兄弟姉妹がいれば、妻だけが相続人になることはなく、法定相続分の多少はともかくとして、必ず子か父母か兄弟姉妹といっしょに相続人になっています。これは、いまの民法の特徴になっていて、遺産の中のある部分は、夫婦共同して築きあげたものがあるだろうということで、必ず妻を相続人にするとともに、その他の部分を血のつながりのある血族へ伝えようという考え方に立っています。そして、血族の中で、直系卑属(子-孫-ひ孫の系列)を第一順位とし、この系列の人がだれもいないとき、直系尊属(父母―祖父母卜曾父母の系列)を第二順位とし、この系列の人が一人もいないとき、兄弟姉妹が相続できるという構成をとっています。


足立区内で引越しを考えている方はぜひ北千住エリアで暮らしませんか?北千住エリアは古き良き雰囲気が残っているエリアということもあってか不動産物件を探す方も多くいらっしゃいます。オシャレなカフェや飲食店などもあるから北千住エリア。北千住ならきっと満足した生活を送ることができるはず!お洒落な街、北千住で不動産物件を探してみましょう。

海に面した横浜エリア。そんな横浜エリアでマイホームを所有しているという方!防水工事はもう済んでますか?
横浜エリアは潮風が強いため,雨が降る時期は家が傷みやすいみたいです。しっかり防水工事を行わないと,外壁や内壁が水を吸って傷むことがあります。痛んだ状態で放置しますと,雨漏りの原因ともなってきます。
横浜で生活している方はこの機会に防水工事を行いませんか?

姫路市の賃貸での生活に憧れている方はいますか?いましたら,ぜひ西飾磨駅周辺での生活はいかがでしょうか?西飾磨駅近くには美味しいと評判のパン屋さんがあって,通勤途中に朝ごはんとして寄るかたもいるそうです。
網干線が走っていて,途中で乗り換える必要がありますが,梅田までアクセスすることができ便利ですよ。

コメントは受け付けていません。